スポンサーサイト

2015.03.29 Sunday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    category:- | by:スポンサードリンク | - | -

    ペットロスについて。

    2012.02.27 Monday 00:00
    0



      タイトルにつられて読んでみました。
      一番びっくりしたのは本の序盤に説明があるのですが、
      ペットロスとは「ペットを失ってなる心の病気」のことではなく
      「ペットを失う」という出来事そのものの意味ということだということです。

      私もてっきり心の病気のほうだと解釈していました。
      つまりペットを失った人はすべてペットロスということなのですね。

      さて肝心の中身ですが、いろいろな体験談とその乗り越え方や問題等が書かれていました。
      問題に関していうと、ペットロスが社会には認められにくいというところです。

      ペットがしんだくらいで…
      こういった世間の解釈が当たり前のようですが
      私自身で考えてみると、もこと博士は家族であり、家族以上の何かなのかもしれません。
      あらゆる点で救われていますし
      裏切る可能性がある人間とは比べられないものがあります。

      その存在がいなくなるなんて、どれだけのショックが待ち受けているのか
      この話題にしている今ですらわかりません。
      ペットロスについて考え始めたのは、やはり博士が病気になってからです。
      病気になると飼い主は予期悲観?して、覚悟を決めるとかだそうで
      (すみません、ここに書く前に本返しちゃったので曖昧なんですが)
      私も悲観しましたよー、そして自分を責めましたよー。

      まぁそれからなんですけれども
      毎日後悔のないよう一緒に生きていこうと思ったのです。

      まだしんでもいないのに、しぬことを考えるのは不謹慎だと思う人もいるかもですが
      この本にも書いてあったように、死があるからこそ生の素晴らしさが実感できると思うのです。
      しんでから後悔するよりも、今を今を大事にしていきたいなぁーと
      そう、思ったのでした。




      ちなみに一般的なことが書かれていたのにも関わらず
      読んでいる間はずっと号泣でした(笑)

      あとですね、ペットロスした人達が集まる場所もあるみたいです。
      やっぱり周りに理解されるって大事ですよね。
      Pet Lovers Meeting





      category:pet | by:もい。comments(4) | -

      スポンサーサイト

      2015.03.29 Sunday 00:00
      0
        category:- | by:スポンサードリンク | - | -
        Comment
        へぇ〜〜ナルホド!
        わたしも誤解してました。

        ペットの存在がわたしにはあまりにも大きすぎて、去年、飼ってた犬が亡くなったときは年賀状も喪中にしました
        そのくらい本当にペットは家族で、かけがえのない存在です。
        一応よそで言うときは飼ってるうさぎがね、犬がね、って言うけど心ではもう愛する我が子!という感じで・・・
        ア、アレ? もい。さんもそうですよね?(ドキドキ)
        でもそういう気持ち、飼ってない人にはわからないんだろうなぁ
        この辺のギャップを埋めることはできないんでしょうかねぇ
        むずかしいのかなぁ
        まーちんさん>
        マスコミがペットロス症候群みたいに広げたのが初めらしいです。

        もちろん大事なコ達ですよぉ!!
        もう一緒に生きているのが当たり前すぎて、たまに辛くなります(ノД`)

        周りが同じように悔やんでくれたら
        少しは気が楽になるのではないかなぁと思うのですけどねぇ。
        まだまだ理解できない人が多いのが現状なのかもしれないですね(>_<)
        • もい。
        • 2012/02/28 9:17 PM
        この記事に触れようか触れまいか悩んだんですが、とりあえずメモはしました。
        でも、いろいろ思い出すと胸が痛くなるかも。
        (-ω-)ウーム
        • 2012/03/05 12:41 AM
        紀さん>
        この話題については本当に人それぞれだと思うので
        自分がこうなんだ!っていう何か強い意志のようなものがあるのならばそれを大事にしてくださいねv

        触れたくないものをあえて触れてみることもまた何か違う発見があるのやもしれません。
        • もい。
        • 2012/03/14 10:14 PM








           

        PR
        Calender
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        2627282930  
        << November 2017 >>
        【Profile】
        もい。
        ときどき絵描き。
        http://p-moi.net/
        Twitter

        もこ
        2009年10月1日生まれのおんなのこ。たれ耳だったのに何故かたち耳へジョブチェンジ。小心者のさみしがりや。(特技:足ダン)

        博士
        生年月日不明
        (たぶんもこより1歳上)2回ほど子供産んだことがある熟女。
        悪い環境で育ったため、引取後に斜頚。現在治療に奮闘中。
        (そして何故かたち耳に)

        Selected entry
        Category
        Archives
        Recent comment
        • 博士のマッサージ。
          もい。
        • 博士のマッサージ。
        • 博士のマッサージ。
          もい。
        • 博士のマッサージ。
        • 博士集中治療キャンペーン!
          もい。
        • 博士集中治療キャンペーン!
          もこ
        • デザインフェスタに。
          もい。
        • スローでどうぞ!
          もい。
        • スローでどうぞ!
          ぽん
        • デザインフェスタに。
          もい。
        Profile
        Search
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM