スポンサーサイト

2015.03.29 Sunday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    category:- | by:スポンサードリンク | - | -

    膝の上のロップちゃん。

    2010.06.26 Saturday 00:00
    0
       美容院に行ってきたのですが、そこでペットの話になり
      さらに何故か口蹄疫のお話に。


      「口蹄疫ってあるじゃないですかぁ。
      ニュースとかで『私の息子達が殺されて、ううう』とかやってたけど
      あれってさぁどうせ食用なのに何言ってるんですかねぇ!」


      おまえが何を言っているのかわからない。








      さて以下は口蹄疫の話ではなく
      とあるお店のお話です。
      ※安直にここのお店だーと決めつけないで下さいね。
      (はずれた時にただの営業妨害になるので)


      子うさぎを売っているということは
      当然ながら親うさぎもいるわけですが
      この親うさぎさんたちは恐ろしいほど数がいます。
      何匹いるか私には把握できません。

      そしてそれだけいれば管理などできるはずもなく
      できるのはごはんと掃除。
      (掃除もできないときはできないままです)

      散歩なんてできるはずもありません。
      そして誰かに構ってもらうこともなく
      ケージの中で一日一日を過ごし
      短い期間での妊娠・出産を繰り返します。


      そんな中親うさになるべく、
      かわいらしいロップちゃんがお店にきました。

      ただこのロップちゃん、新しい環境に馴染めず
      ご飯はほとんど食べない状態が続き
      一週間後には水のような下痢をしてしまいました。

      耳も冷たく、何をしようとほとんど反応がありません。
      水を飲ませようとシリンジに水を入れ、口に含ませてみましたが
      飲む様子をまったく見られず。


      ・・・もしかして連れて帰って
      一晩もった場合、病院に連れて行けば治るのではないかな?


      なんて考えているときに店長からの電話です。
      他のコ「ロップちゃんの様子がへんで〜」


      店長「タイムカードきった?」


      ああ、そうだった、この人はそういう人だった。
      病院連れて行って治したとしても、治したらお店に返さないといけないし
      治ったところでこのコは親うさ。
      毎日しんだような目でケージの中で生きていくんだ・・・。


      あれ

      だったらしんだほうが

      しあわせなのかな?


      体をさすってはいたものの、痙攣が始まりました。
      あ、しんじゃうんだ・・・と思ったら涙がほろり。
      10代のコもいるのでイケナイ、わたしがしっかりしなくちゃと思い
      『ごめんごめん、涙もろくてさ。このコは次に幸せになるんだよ。』
      と言おうとしたのに現実は
      「ご・・・jkfじゃっlfl;jkら;ついmrm」
      嗚咽しかでませんでした。


      わかっていてもつらいものには変わらないんですよね。
      このコは確かに環境に馴染めずに弱かったかもしれない。
      でもそのコをちゃんと毎日みてあげたらしななかったかもしれない。
      でも生きていても、苦痛なのかもしれない。

      わたしの苦痛はこのお店をやめることで終わるけども
      このコたちはずっと続くのだろうなぁって。

      とある方のお話によれば
      虐待を通報しても注意されて終わってしまうらしく
      どうしたらいいのか私にはまだよくわかりません。


      どうしたらいいのだろう。





      category:pet | by:もい。comments(2) | -

      スポンサーサイト

      2015.03.29 Sunday 00:00
      0
        category:- | by:スポンサードリンク | - | -
        Comment
        そういうこと、犬ブリーダーの中にもあります。ひどい環境で飼われていた子がうちに来ることもあります。うちで飼われて、リハビリして元気になって無事もらわれていく子も、亡くなってしまう子もいます。死に際に立ち会ったこともあります。やりきれない気持ちですよね・・・

        先日もうちに捨てワンコが置いていかれてました。飼い方が悪かったせいか噛み癖があったようで口輪の跡がつくほど口輪をされつづけ、ストレスで丸太のように太ってました。
        でも、私がその子を安心させたら、全然噛まないし、すごくいい子なんです。今では毎日運動をして大分脂肪が落ちて健康になってきました。
        生き物は物じゃないってこと、みんながちゃんと分かってくれればいいのに・・・と思います。
        • どろ
        • 2010/06/27 12:09 AM
        どろさーん!!!><

        ああ、やっぱりそうなんですね・・・。
        一生懸命看病して元気になればまだいいんですけど
        小さいうちにそういった環境の場合ボロボロですよね;;

        捨てわんこ・・・;;
        そうなんですよね。
        そのコをよく見て、何が原因か考えてあげれば
        すっごくいいコなんですよね><
        原因があるから噛みついたりするわけですし!
        わんこちゃん元気になってよかったです。

        可愛いだけで飼ってほしくないですねぇ。
        私は引き取ることとかはできないのですが
        家の前に捨てられていたらと思うとゾっとします;
        • もい。
        • 2010/06/27 1:12 PM








           

        PR
        Calender
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        2627282930  
        << November 2017 >>
        【Profile】
        もい。
        ときどき絵描き。
        http://p-moi.net/
        Twitter

        もこ
        2009年10月1日生まれのおんなのこ。たれ耳だったのに何故かたち耳へジョブチェンジ。小心者のさみしがりや。(特技:足ダン)

        博士
        生年月日不明
        (たぶんもこより1歳上)2回ほど子供産んだことがある熟女。
        悪い環境で育ったため、引取後に斜頚。現在治療に奮闘中。
        (そして何故かたち耳に)

        Selected entry
        Category
        Archives
        Recent comment
        • 博士のマッサージ。
          もい。
        • 博士のマッサージ。
        • 博士のマッサージ。
          もい。
        • 博士のマッサージ。
        • 博士集中治療キャンペーン!
          もい。
        • 博士集中治療キャンペーン!
          もこ
        • デザインフェスタに。
          もい。
        • スローでどうぞ!
          もい。
        • スローでどうぞ!
          ぽん
        • デザインフェスタに。
          もい。
        Profile
        Search
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM